Gym Excel入門

難易度:★☆☆☆☆

  • 業種
  • 全業種共通
  • テーブル
  • リテラシー
  • 入門講座
  • Excel

当講座では、ノーコードでデータ分析を行う上で土台となるスキルとして、Excelの基本関数の使い方について学びます。 当講座の構成は、はじめにミッションテーマに含まれる各種関数の基本的な機能や記述例を確認した後、それらの関数を使った課題に挑戦する、といった流れになっています。また、当講座はスライドや動画を観ながら、お手元でExcelを開いていただき、「実際に手を動かす」ことを前提にした講座です。スキル定着の為に、手を動かしながら学習をお進めください。 

※ 各課題で使用するExcelファイルは、それぞれ下のボタンを押すことでダウンロードできます。
(Mission2) 条件分岐.xlsx
(Mission3) 文字列の操作.xlsx
(Mission4) 数値の操作.xlsx
(Mission5) 日付の操作.xlsx
(Mission6) 検索.xlsx
(Mission7) 集計.xlsx
(Mission8) 統計.xlsx

修了証明書

  • 5 時間
  • 3,250 Exp
  • 16 Videos
  • 23 Slides
  • 8 Missions
  • 20 Tasks
  • 26 Operations

Introduction 50 Exp

当講座のIntroductionです。
講座の概要や、カリキュラムについての説明を行います。

Videoを再生する

Mission 1

関数入門

具体的な各種関数について学ぶ前に、まずは全ての関数に共通する基本的な考え方、Excelにおける関数の記法などについて学びましょう。特に「セルの参照」は、後のミッション内の各課題を解くうえで必要不可欠な知識になるので、ここでしっかりと身につけて起きましょう。

Task 1
関数入門
150 Exp
  • 15 分
  • 150 Exp
  • 0 Videos
  • 1 Slides
  • 2 Operations


基本的な関数の使い方について学びます。

Mission 2

条件分岐

『Aならば〜、Bならば〜』といったような「条件分岐」処理を可能にする関数について学びます。
テーマは、「条件分岐」「論理演算子」の2つに別れています。
「条件分岐」と「論理演算子」は、互いを組め合わせて使用する場面も多いので、両者を関連付けながら学習しましょう。

Task 1
条件分岐
150 Exp
  • 15 分
  • 150 Exp
  • 0 Videos
  • 1 Slides
  • 2 Operations


条件分岐処理を行う関数について学びます。

Task 2
「課題」- 条件分岐
150 Exp
  • 12 分
  • 150 Exp
  • 1 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


「条件分岐」に関する課題に挑戦しましょう。

Task 3
「課題」- 論理演算子
150 Exp
  • 13 分
  • 150 Exp
  • 1 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


「論理演算子」に関する課題に挑戦しましょう。

Mission 3

文字列の操作

Excel上で「文字列」を扱うために用意された各種関数について学習します。
テーマは「文字列の検索」「文字列の切り出し」「文字列の置換」の3つです。
『資料が完成した後に誤字に気づき、資料内の全ての誤字を探し修正することになった』といった経験をお持ちの方は少ないかと思います。ここでは、そういった問題を一瞬で解決することのできる関数の使い方を学びます。

Task 1
文字列の操作
150 Exp
  • 15 分
  • 150 Exp
  • 0 Videos
  • 1 Slides
  • 2 Operations


文字列を扱う上で便利な関数について学びます。

Task 2
「課題」- 文字列の切り出し
150 Exp
  • 14 分
  • 150 Exp
  • 1 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


「文字列の切り出し」に関する課題に挑戦しましょう。

Task 3
「課題」- 文字列の置換
150 Exp
  • 12 分
  • 150 Exp
  • 1 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


「文字列の置換」に関する課題に挑戦しましょう。

Mission 4

数値の操作

Excel上で「数値」を扱うために用意された各種関数について学習します。
テーマは、「絶対値」「端数処理」の2つです。
「数値」は、Excelでデータ分析を行う上で最も多く触れることになるであろうデータ型です。
特に、統計的な処理を施した場合、数値の桁数が非常に多くなるということが頻繁に発生します。データの見やすさを考慮する際に「端数処理(四捨五入、切り上げ、切り捨て)」は重要な役割を果たすことになるので、ぜひここで習得しておきましょう。

Task 1
数値の操作
100 Exp
  • 10 分
  • 100 Exp
  • 0 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


数値を扱う上で便利な関数について学びます。

Task 2
「課題」- 端数処理
150 Exp
  • 13 分
  • 150 Exp
  • 1 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


「端数処理」に関する課題に挑戦しましょう。

Mission 5

日付の操作

Excel上で「日付」を扱うために用意された各種関数について学習します。
テーマは、「日付の作成」「日付の要素の抽出」「日付の差分の計算」の3つです。
「日付」は、「数値」や「文字列」と比べると扱う機会が少ないかもしれませんが、各関数は単純ながら便利なものばかりなので、ぜひこの機会に習得しておきましょう。

Task 1
日付の操作
150 Exp
  • 15 分
  • 150 Exp
  • 0 Videos
  • 1 Slides
  • 2 Operations


日付を扱う上で便利な関数について学びます。

Task 2
「課題」- 日付の作成
150 Exp
  • 12 分
  • 150 Exp
  • 1 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


「日付の作成」に関する課題に挑戦しましょう。

Task 3
「課題」- 日付の要素の抽出
150 Exp
  • 12 分
  • 150 Exp
  • 1 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


「日付の要素の抽出」に関する課題に挑戦しましょう。

Task 4
「課題」- 日付の差分の計算
150 Exp
  • 14 分
  • 150 Exp
  • 1 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


「日付の差分の計算」に関する課題に挑戦しましょう。

Mission 6

検索

広範囲のセルから欲しい情報をピンポイントで抽出する際に使用される関数VLOOKUPについて学習します。
VLOOKUPは、一見しただけでは、「引数の意味がわかりにくい」「処理の流れがイメージしづらい」と感じるかもしれませんが、使用頻度の高い便利な関数なので、わからない場合は繰り返し復習を重ねることでぜひ習得することをおすすめします。

Task 1
「課題」- 検索
200 Exp
  • 18 分
  • 200 Exp
  • 1 Videos
  • 2 Slides
  • 1 Operations


「検索」に関する課題に挑戦しましょう。

Mission 7

集計

Excel上でデータの「集計」を行う際に使用される各種関数について学びます。
テーマは、「基本統計量」「条件付き集計」の2つです。
ここでは、『最大値』『平均値』『中央値』といった基本的な統計量を算出することのできる関数について学びます。ごくシンプルでありながら、データ分析を行う際は必ずといっていいほど実行することになるでろう処理なので、ここでしっかりと身につけておきましょう。

Task 1
集計
200 Exp
  • 20 分
  • 200 Exp
  • 0 Videos
  • 1 Slides
  • 3 Operations


データの集計を行う上で便利な関数について学びます。

Task 2
「課題」- 基本統計量
150 Exp
  • 11 分
  • 150 Exp
  • 1 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


「基本統計量」に関する課題に挑戦しましょう。

Task 3
「課題」- 条件付き集計
150 Exp
  • 12 分
  • 150 Exp
  • 1 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


「条件付き集計」に関する課題に挑戦しましょう。

Mission 8

統計

Excel上で「統計」的な分析を行うために用意された各種関数について学習します。
テーマは、「相関」「標準化」「回帰分析」の3つです。
「相関」では、2つの変数の関係性を明らかにするための関数を学びます。数値データを眺めていると、『Aの値が大きくなるほど、Bの値が小さくなるような気がする…』といった感覚を持つことがあるかと思います。「相関」で学ぶ関数を使用することで、そういった感覚を数値で裏付けることが可能になります。
「回帰分析」では、機械学習モデルの一種である線形回帰モデルを活用する方法を学びます。ごくシンプルな手法ではありますが、『過去のデータをもとに、未来のデータを予測する』という処理を実践してしましょう。

Task 1
「課題」- 相関
150 Exp
  • 12 分
  • 150 Exp
  • 1 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


「相関」に関する課題に挑戦しましょう。

Task 2
「課題」- 標準化
150 Exp
  • 15 分
  • 150 Exp
  • 1 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


「標準化」に関する課題に挑戦しましょう。

Task 3
「課題」- 回帰分析
150 Exp
  • 12 分
  • 150 Exp
  • 1 Videos
  • 1 Slides
  • 1 Operations


「回帰分析」に関する課題に挑戦しましょう。

Conclusion 50 Exp

当講座のConclusionです。
当講座で学んだ内容の振り返りや今後の学習の進め方についての説明を行います。

Videoを再生する
PAGE
TOP